Archive for February, 2007

「長崎さるく博」が成功したのは (1)合意の形成

Wednesday, February 28th, 2007

長崎では、市民の代表と市の観光部署とがこれまで盛んに議論してきたらしい。テーマは「まち歩き」による長崎観光の再生である。なぜ「まち歩き」に至ったのかを、彼らの発言から私なりに推測してみると次のようになる。まず、大きな集客装置(パビリオンのようなもの)をつくって観光客を集めるのは‘いやだ’。‘いやだ’というのは‘もうこりごりだ’という意味で、過去に長崎で2度やった大型イベント「長崎旅博」と「日蘭400周年」をさしているらしい。

「長崎さるく博」が成功したのは (1)合意の形成

Sunday, February 25th, 2007

「長崎さるく博」が、すべて、終わった。2月20日に推進委員会の総会が開催され、事務局から事業報告と決算報告がなされて、私が「総括」を述べて、終わった。長崎市役所観光課の田上氏から一通のメールをもらって始まったこのイベントが、3年と2ヵ月ほど経過して、終わった。いまや「長崎さるく博」は各地に伝播して、函館でも横浜でも大阪でも、多くの都市で「同じようなことができないか」という模索が始まっている。いくつかの都市では実際に実現されそうだ。九州では各県都市が連携してこの秋に「九州さるく」をやるそうな。よかった、よかったというところだけど、単に「まち歩き」のかたちだけを真似ても、うまくいくはずがない。そこのところを、どうせやるのならうまくやってほしいから、包み隠さず「まち歩き」のノウハウを書いておく。 その第一は、合意の形成である。