11月11日、心中天の網島から始まった〜「大阪あそ歩」の見本

November 14th, 2008

 11月11日は旧暦の10月14日。近松門左衛門の浄瑠璃本「心中天の網島」に描かれたふたり、紙屋治兵衛と紀ノ国屋遊女小春がまさに心中を遂げたその日に、その場所である都島の大長寺で、「大阪あそ歩」の記念すべき立ち上げ企画を挙行した。久しぶりに現場ではりきったから‘挙行した’という感じがぴったりとする。この企画、思いついた最初は、心中の現場を探して、さらにふたりが遺書を残した大長寺の本堂をお借りして「天の網島」を解説して、墓前に花を手向けるというような内容であったが、調べていくうちにその昔の大長寺の敷地は藤田伝三郎男爵の旧邸になり、いまは大阪市の公園になっていることがわかったり、近松を何度読んでも「なぜふたりが心中しなければならなかったのか」の疑問に取り憑かれたり、現在の歌舞伎狂言が近松半二や菅専助による改作だということがわかったり、昭和になって川田順の「老いらくの恋」が絡んだりで、こんなにおもろい話やったん?とあらためて近松の偉大さに気づいた。だれか大学の先生にでも解説を頼もうと思っていたけれど、こんなドラマチックな話をドラマチックに(しかもノーギャラで)話てくれそうな人を思いつかなかったので、私・茶谷幸治がしゃしゃり出て自分でやることにした。こうなると解説ではなく「語り」をやろう、そう決心した。

 なにも目立ちたかったのではない。「大阪あそ歩」は、まず、おもしろくなければならぬ。その一発目の企画で「おもろない」ことをやってしまっては、出足で足を挫いたマラソンのようなもので、ここはなんとか見本を(手本ではない)を示さねばならない。ひょっとこのお面を被ろうとも腹に筆絵を描こうとも、なんとしてでも大向うに「ああ、おもろかった」と言わせねばならない。つまり悲壮な覚悟というやつである。結果は、そこそこうまくいった。「妓が情けの底深き・・」という出だしを義太夫風に練習もした。昔の蜆川(曽根崎川)の写真も用意した。陸奥くんに拍子木まで打たせた。冷や汗ものであるが、反応は上出来で、参集してくれた70名近い人々(募集は50名だった)は感涙に咽んだはずだ(驚いて聞き入ったことはまちがいない)。ありがとう、理解ある参加者のみなさん。大学の先生や学生さん、ひごろのお付き合いのある女性たちが(平日の昼間は多くの人が働いていてやってこれない)後押ししてくれた。あとから、いくつかの反響ももらった。

 「大阪あそ歩」の、これが見本であるぞよ、諸君。‖膾紊砲泙弔錣蠅弔「おもろい話」を軸に展開しよう。まち歩きだってそうだ、歩くだけなら犬でもできる。「へえ、そんな話がありましたん?ここで」が大阪あそ歩の第一である。∨槓の現場を体験しよう。「ここや、これや」が重要で、「天の網島」も現場を歩いて、大長寺のその日にやるからおもしろい。ご住持がほんまに読経して回向し、ひとりずつ焼香して比翼塚に手を合わせるなんて、不思議な光景やったけど、ほんものの凄みがある。おもしろく語ろう。学校の講義やない。啓蒙でもない。「おもろい大阪」をおもしろく語り、歩き、楽しむ。それにプロの技はいらない。「聞いてほしい」という思いだけで十分である。語りの練習なんかいらない。自分もいっしょに楽しむ練習をしてほしい。

 「心中天の網島・大長寺」の企画でわかったこと。,海鵑箆辰魍擇靴澆燭い箸いΔ劼箸いっぱいいるということ。呼びかければ、平日の真昼間でも都心を離れた都島のお寺に集まってくれるということ。△海里笋衒でいくと、「まち歩き」も「まち遊び」も渾然一体となって盛り上がるということ。これを、大阪流の「まち歩き+まち遊び」の一つのモデルパターンにしたいな。大阪なら、できるかな。H駘僂麓益者負担が原則ということ。お寺へのお礼も、お花代も、資料代も、参加費ですべてまかなえた。参加費を少し大きくすれば、将来のキャストギャラも出るだろう。こうして、大阪に語り部がまたひとり増えていく。私の書いた台本は無料提供するから、来年はだれかやってくれ。大長寺さんも協力してくれはるはずや。

  まあ、うまくいってよかった。「こんなおもしろい企画、どうしてもっとPRしてくれはれへんの。私も知らんかったけど、友達に聞いて」と言ってくれた若い女性参加者の言葉が嬉しかった。そのうちだんだん広がりますよって、気長にお付き合いを(手作りの企画なのに、おカネかけて立派なチラシつくって、というやり方は似合わないでしょ。地道に、ちょっとずつ、やります。そのうちに・・・・)

 

「大阪あそ歩」始めます

November 3rd, 2008

 コミュニティ・ツーリズムって何やねんと、よく聞かれます。簡単に言うと、まちやヒトの魅力で人々をひきつける観光のことです。海遊館もUSJも大阪城もいいけれど、ミナミはもちろん鶴橋も九条も住吉もおもろいですよ、そこの人間があたたかいですよ、いらっしゃい、ということです。「まちを勝手に歩け」というのも愛想がないので、おいしいものやめずらしものをご案内したり、ご披露したりする、そんな観光のことです。「それは観光ではなくてツーリズムという」という固いことがお好きな学者もいますが、それはどうでもよろしい。なんと言おうと、おもろいまちが一番や。

 東京にはこんなおもろいまちはそうありません。銀座、新宿、六本木といっても建物が立派で集客量が多いだけ。日本橋、浅草、上野もいまやなんだかすましてばかりいます。その点、大阪には六本木ヒルズやお台場はなくっても、初めて会っても百年の知己のような人柄がどのまちにもうじゃうじゃおられます。大阪はまちがごちゃごちゃしていると言われます。ごちゃごちゃしているのではない、人間とまちが溶け合っているのです。そんなまちだから松下幸之助さんも司馬遼太郎さんも世に出られたのではありませんか。ヒューマニティとバイタリティ(人情味と活力)、これちゃいますか、大阪は。しかし、一歩行き過ぎると、コテコテになり、怖いになります。これは自戒しなければなりません。

 さて、そんな大阪のまちの楽しさをしっかりと楽しむ。楽しみ尽くす。これが「大阪あそ歩」です。 

 

 

「大阪あそ歩」始めます

November 3rd, 2008

 大阪コミュニティ・ツーリズム推進連絡協議会のチーフプロデューサーになってしまいました。大阪市と大阪商工会議所と大阪観光コンベンション協会と来年開催される「水都大阪2009」というイベントの実行委員会の4者が母体になってこの協議会が生まれました。難産だったと聞いています。何で難産だったのか、私にはわかりませんが、大阪で「コミュニティ・ツーリズム」の研究を重ねてきた橋爪教授や栗本さんや母倉氏は異口同音に「やっとできて感慨無量」とまで表現します。そのチーフプロデュサーに、横からやってきた私が突然なってしまったものだから、多少気が引けるのですが、橋爪さんには総合プロデューサーになってもらったし、みなさんの納得もついているようだから、「それじゃ」ということで、引き受けました。

 私は「長崎さるく博」のあとは、何にもしたくないと自適を楽しんでいたのですが、こうなってしまいました。長崎の仕事だって57歳で「これが最後」と観念して引き受けたことは、本にも書きました。「長崎さるく博」が集大成です、って言い切っていましたし、本音でそう思っていました。いま、62歳。自分でもいい加減にしろよと思いながら大阪の仕事を引き受けてしまった理由は、それが「大阪の仕事」だったからです。

 私は大阪生まれで、大阪育ち。それも場末で生まれ育った根っからの庶民です。事務所は大阪にありますから、大阪でそれなりに儲けさせていただきました。御堂筋パレードでも毎年いくつかのフロートを企画して制作していました。食博でもなんかやっていました。オリンピック招致にもかなりのことを請負いました。そういえば、「大阪世界帆船まつり」というのが83年に大阪城築城400年を記念して実施されましたが、ポルトガルやアルゼンチンからも帆船がやってきて日本ではその後二度とない大きな帆船パレードでしたが、これの演出運営を引き受けたのがわが社の大型イベント事始めでした。こんなふうに大阪で棲息させていただきながら、私自身が大阪の大きな活性化イベントをプロデュースしたことは一度もないのです。和歌山や兵庫や愛媛や広島や、神戸や京都や長崎やと、近隣・地方ではずいぶん頑張ってきたのに、大阪ではお呼びがかからなかったのです。

 そこへ、いまになって、突然「やってくれないか」ですから、迷いましたが、引き受けました。大阪で納得する仕事をひとつくらいやっておきたい、というところでしょう。しかも、その仕事が大阪のコミュニティ・ツーリズムの推進。つまり、大阪の風土文化による観光集客であり市民プライドの醸成です。「大阪は、YTT(吉本のお笑い、たこ焼き、タイガース)だけとちゃう。近松も西鶴も、吉兆もうどんすきもあるやろ。なんで文楽も成駒屋も観にゆかへんねん」と慨嘆していた私は、おそるおそる腰を上げました。「お前、引き時を忘れてんのとちゃうか」と言われそうだし「ここで失敗したら、いままでがパーやなあ」と長崎のときと同じことを考えました。でも、「やってみようか」と思う魅力が大阪にありました。「何とかせなあかん」という大義も見つけました。私の好きな某市の知識人に「あのコテコテの大阪のおばちゃんには来て欲しくない」という話を聞いたことがあります。ぜ、絶句です。この話、ほんまですよ。誤解も6階もされてるわ、大阪は。 

「長崎さるく博」の本を書きました。

February 13th, 2008

閉幕してから1年半も経つのに、「観光」や「まちづくり」関係者からの注目を集め続けている『長崎さるく博』。都市観光のあり方は? 市民主体とはなにか? 1000万人の集客は何を語るのか? 日本イベント大賞(地域振興部門)を受賞し、イベントなのにグッドデザイン賞を受賞・・・・・何がそんなにすごいのか。正直に克明に書きました。ぜひ、お読みください。

『まち歩きが観光を変える―長崎さるく博プロデューサー・ノート』 学芸出版社 1,680円

 

 

「長崎さるく博」が成功したのは (3)まち歩きの充実感

March 9th, 2007

まちを歩くと、気持ちよい。なぜだろう。小さな旅だという人がいる。近所の横丁を歩いてみても新しい発見があるとよくいわれる。そのとおりだけれど、私がこの言い草になんとなく反発を感じる(しかし「さるく博」でも「知らなかった長崎の発見」なんて言ってきた、ごめん)のは、自宅の家の中だって、庭だって時々新しい発見はあるし(キッチンなんかすべて知らなかった我が家だ)、書物を読めば、映画を見れば、人と話をすれば必ず発見はあり、発見なんていたるところにあるので、わざわざまち歩きをする必要はない、と思うからだ。まち歩きには、もっと別の気持ちよさがある。 Read the rest of this entry »

「長崎さるく博」が成功したのは (2)のぼせもんの構造

March 9th, 2007

「長崎だからうまくいったけれど、ほかのまちでは?」とよく聞かれる。確かに、私も当初「長崎ならできる」と感じて勇んでみたのは事実だけど、ほんとにそういうことだったのだろうか。今では「いやあ、あなたのまちでもできますよ」と答えているが。 Read the rest of this entry »

「長崎さるく博」が成功したのは (1)合意の形成

February 28th, 2007

長崎では、市民の代表と市の観光部署とがこれまで盛んに議論してきたらしい。テーマは「まち歩き」による長崎観光の再生である。なぜ「まち歩き」に至ったのかを、彼らの発言から私なりに推測してみると次のようになる。まず、大きな集客装置(パビリオンのようなもの)をつくって観光客を集めるのは‘いやだ’。‘いやだ’というのは‘もうこりごりだ’という意味で、過去に長崎で2度やった大型イベント「長崎旅博」と「日蘭400周年」をさしているらしい。 Read the rest of this entry »

「長崎さるく博」が成功したのは (1)合意の形成

February 25th, 2007

「長崎さるく博」が、すべて、終わった。2月20日に推進委員会の総会が開催され、事務局から事業報告と決算報告がなされて、私が「総括」を述べて、終わった。長崎市役所観光課の田上氏から一通のメールをもらって始まったこのイベントが、3年と2ヵ月ほど経過して、終わった。いまや「長崎さるく博」は各地に伝播して、函館でも横浜でも大阪でも、多くの都市で「同じようなことができないか」という模索が始まっている。いくつかの都市では実際に実現されそうだ。九州では各県都市が連携してこの秋に「九州さるく」をやるそうな。よかった、よかったというところだけど、単に「まち歩き」のかたちだけを真似ても、うまくいくはずがない。そこのところを、どうせやるのならうまくやってほしいから、包み隠さず「まち歩き」のノウハウを書いておく。

その第一は、合意の形成である。 Read the rest of this entry »

「長崎さるく博」本日で閉幕です長崎のみなさんありがとう

October 29th, 2006

「長崎さるく博’06」本日で閉幕です。212日の長丁場にお付き合いありがとうございました。私の「長崎」も、2年10ヶ月を迎え、いくつかの整理を残してひとまず幕を降ろそうとしています。ほんとうにありがとうございました。

みなさんありがとう。さるく博は私の人生の誇りです                    「本番報告」 の最後に、私からの言葉を書き添えさせてください。「さるく博」をお引き受けしたとき、私が生意気にも「私の集大成にしたい」などとほざいていたことを、何人かの方は覚えていらしゃると思います。私がいままでやってきた仕事は、規模は大きくともなにか不満足なものがいつも残っていました。それは、一言で言うと、フツーの市民と共につくりあげ成果を出していく喜びの乏しさです。プロだから「必ず成功させる」という約束を優先するあまり、プロ仲間の技量を寄せ集めて確実な結果を出すことに終始していた自らへの不満です。私は、地域イベントや地域観光は、市民が直接手がけてこそ生きるという信念を強く持つようになっていましたから、この不満がどんどん募っていきました。そこへ、長崎から声をかけていただいたのです。ですから、私はこの「市民がやる」という仕事に真正面から正直に取り組んでみることにしました。。「賭けた」と言うと、長崎のみなさんに失礼な表現ですが、私の考える市民イベントを追求することは、一方でとても大きなリスクを背負うことなのです。そして「長崎さるく博」。私はいままで積み重ねて得てきたものをすべてを注ぎ込みました。悔いのないようにやりたいというのが私の唯一の願望でした。すべてが理想どおりに進んだとはいえませんが、私の全力を出し切りました。その疲労感がいまあります。もちろん、多くのことを学びました。そして、いま、目の前にあるこの結果に私は十分満足しています。いや、これ以上のことは、もう、やれないかもしれません。

この時期に長崎と出合えてよかった。こんなにすばらしい「まち」と「ひと」が日本にあったことを知り得てほんとうによかったと思っています。これで、「市民参加でやるべきです」とか、「市民主体は可能です」とか、また大口をたたくことができます。いいえ、ここまでやったら、思い残すことはないから、少しは静かに暮らそうと思っています。いつか長崎をぶらりと訪ねて、さるいて、道端なんかでみなさんとばったりと再会できればと思っています。長崎のみなさんありがとう。「さるく博」は、私の人生の誇りです。

 

 

「長崎さるく博」もうすぐ閉幕ですが思い出す言葉

October 26th, 2006

私のブログを読んだ人から「いかにプロデューサーでも、公式ばった発言だけでなく私的な感想も述べよ」という注文をいただきました。「さるく博」も、あと3日ですから、みなさんと交わした忘れ得ない言葉を並べておきます。*「言葉」は発言そのままではありません。私がこのように聞いたということです。 Read the rest of this entry »

「長崎さるく博」もうすぐ閉幕ですが長崎の記憶と知の蓄積

October 23rd, 2006

「長崎さるく博」で何ができたのか。そのまえに「何ができなかったのか」を考えておくことの重要さは百も承知していますが、自賛するようですが、「さるく博」ではできなかったことよりできたことの方が大きいと思っています(できなかったことは、いずれ語りましょう)。まず、都市観光のイメージに「まち歩き」を定着させました。それを先駆ける都市として長崎が名乗りをあげ、「まち歩きのまち・長崎」がデビューしました。もちろん、それを支えているのは市民のコンセンサスであり、ガイドさんやまち歩きシステムの整備です。これらによって長崎観光の新しい姿が生まれました。私は、もうひとつ、ひそかに「やった」と思っていることがあります。それは、長崎における知の蓄積です。 Read the rest of this entry »

「長崎さるく博」もうすぐ閉幕ですがЩ毀吋廛蹈妊紂璽機爾離僖錙

October 21st, 2006

さるくガイドさんや事務局がこんなに頑張れたのも、実は、市民プロデューサーというすばらしい存在が「さるく博」にあったからです。長崎に視察にこられた行政関係者はこの「市民プロデューサー」に非常な興味をもたれます。あまり聞かない名称だし、それに「市民がプロデュースする」とはどういうことなのかよく理解できないようなのです。 市民プロデューサーとは、「さるく博」をすすめるにあたって、さまざまな場面で、企画や交渉や演出などの仕事をお願いする長崎市民(住んでいたり、働いている人)です。仕事の制作費は事務局で予算化されますが、市民プロデューサーとしての報酬はありません。日常はそれぞれの仕事のプロの方々で、その能力を「さるく博」に使わせてもらおうという、事務局としてはまことに身勝手な発想なんですが、私がこのやり方にこだわったのにはそれなりの理由があります。 Read the rest of this entry »

「長崎さるく博」もうすぐ閉幕ですが事務局のはたらき

October 20th, 2006

事務局(推進委員会事務局)のことも、少しふれておきたいと思います。「さるく博」の事務局は、本番中は長崎市の職員15人と女性3名の助っ人で構成されています。他に電話受付応対の専任女性が6名です。この数は、いわゆる長期博覧会イベントの事務当局としては私の知る限り最少です(いわゆる地方博は40〜50名体制が普通です)。ですから、それぞれが一応の担当作業を定められてますが、ひとつの作業が膨れ上がったときはそれに全員で取りかかり、自分の担当する作業がひと段落すると他の作業の担当に加勢するということになります。 Read the rest of this entry »

「長崎さるく博」もうすぐ閉幕ですがゥイドさんのふんばり

October 18th, 2006

ここでガイドさんのことを書いておかねばなりません。「長崎さるく博」のガイドさんは「さるくガイド」と呼ばれて他のガイドさんと区別されています。他のガイドさんとは、長崎には主に就学旅行生を対象にした「観光ボランティアガイド」や、原爆資料館などの平和関連施設をガイドする「平和案内人」や、クルージングで軍艦島を解説するガイドなど、先輩のガイド組織がいくつかあります。組織母体が異なるので目的や対象者によってガイドさんの呼び名が異なるのですが、同じ人が重なって登録されていることが多く、実態は全体で100人ほどの先輩ガイドさんが「さるく博」以前からおられました。そこへ「さるくガイド」が、押し入ってきたわけです。 Read the rest of this entry »

「長崎さるく博」もうすぐ閉幕ですがげ討鮠茲蠕擇

October 5th, 2006

今年の梅雨は始まりが早くて、開けるのが遅くて、断続的な雨が5月後半から7月20日過ぎまでずっと降り続いていました。イヤな雨です。「さるく博」の当事者にとっては、参加者数が気になります。事故も心配です。「長崎は今日も雨だった」という歌の文句で笑ってごまかすのですが、まち歩きには雨も傘も障害です。ゴールデンウィークに盛り上がった雰囲気が一気にしぼんでしまいそうです。野外イベントは雨には絶対勝てません。 Read the rest of this entry »

「長崎さるく博」もうすぐ閉幕ですがM招廚平祐鵑擦鬚笋蕕覆い箸いΔ海

October 4th, 2006

開幕前の不安と「さるく博」の本質についてお話します。「長崎さるく博」は長崎の落ち込んだ観光集客を再活性化することが目的です。しかし、その目的のために「人寄せパンダ」を拒否して「スッピンの長崎」で勝負することにしました(このあたりのことは、私のブログの「長崎の挑戦」を読んでください)。このことは「長崎へ来るべくして来る人を歓迎するが、余分な人は求めない」ということです。このようなやり方は、いままでの日本の観光客誘致活動ではなかった発想です。いままでは、「多少無理をしても可能な限り多くの客を集める」と言うのがセオリーでした。地方博(国際博も)や大型イベントはこの思想に従って実施されていました。 Read the rest of this entry »

突然ですが、「グッドデザイン賞」を受賞しました(飛び入り記事)

October 4th, 2006

「長崎さるく博」が本年度のグッドデザイン賞をもらいました。1ヶ月ほど前に事務局で「受賞対象になっている」という話を聞いた時、なんでイベントがGD賞なのと腑に落ちないことでしたが、実際に受賞が決まって、審査員のコメントなるものをWEB上で拝見して合点がいきました。

〈審査員のコメント〉エクスペリエンスデザイン。新しい観光の発掘方法として有効。都市を多層的な経験の総体として捉え、楽しめるようにし都市をデザインの対象としている考え方、市民参加型の観光プログラムとして徹底したデザインマネジメントが計られている点、経験をデザイン化している点の各点を評価。

すごい、すごい、すごい。 Read the rest of this entry »

「長崎さるく博」もうすぐ閉幕ですが開幕前の不安

October 3rd, 2006

「長崎ランタンフェスティバル」の頃、長崎には今年も寒風吹きすさんで凍えるような日が続いていました。長崎の冬は大陸からの北風をまともに受けてとても寒いのです。2月1日はそんな日でしたが、「長崎さるく博」開始直後の4月分の「通さるく」の受付開始日でもありました。いままであれこれと準備を整えてきて、“お客様”のご意向を直接お伺いする日を迎えたのです。はたして世人は「まち歩き」なるものに興味をもってくれるのだろうか、理屈の是非の問題ではありません。世の人々がこんな博覧会に同意してくれるのだろうか。囲い込みの博覧会なら、博覧会というだけで行ってみたいという好奇心を誘いますが、「長崎のまちを歩きましょう」だけで通用するのだろうか。不安が増殖されていきます。 Read the rest of this entry »

「長崎さるく博」もうすぐ閉幕ですが

October 1st, 2006

 あと4週間で「長崎さるく博」が閉幕します。みなさんありがとう。やっとここまできました。9月の23日、その1週間前には950hPaもあった超大型台風13号が長崎上空を通り過ぎていきましたが(実際、枇杷が壊滅するなど大きな被害がでました)、1週間後のこの日は打って変った日本晴れ。「市民大さるく」と名づけたまち歩きが催されて2500名の市民が長崎を歩きました。通常の「遊さるく」「通さるく」も絶好調で、まちなかは数千名の「さるき人」で溢れたのでした。この日は、その数で、まち歩きの迫力を人々の目に焼き付けたのですが、長崎では、この4月から今日にいたるまで、日常的な風景としてまち歩きはしっかりと定着しています。もう、まち歩きのない長崎は考えられなくなりました。 Read the rest of this entry »

ここで一年半の中断があります。

September 30th, 2006